2016年5月からの新しいTOEICの出題形式

2016年5月からのTOEICの新しい出題形式

 

ETSの発表によると、2016年5月29日の第210回公開試験から出題形式に変更があるようです。
2006年以来の大幅改定です!

 

リスニング
・写真描写問題 10→6問
・応用問題 30→25問
・会話問題 30→39問
・説明文 30→30問

 

リーディング
・短文穴埋め問題 40→30問
・長文穴埋め問題 12→16問
・読解問題 48→54問

 

読み(リーデイング)の部門に、オンラインチャット形式での設問が追加、これまでの短文穴埋め問題の削減、長文読解問題の増加

 

3人以上の会話の場を意識したより実践的なコミュニケーション能力を測る試験に成るとの事。

 

 

聞き取り(リスニング)の部門に会話形式の設問の増設、省略形の文章での問題の出題
(新形式には23セット中7、8セット)

 

などがあるようですね。
リスニングの内容はどんどん変わってきていますね。

 

聞き取れれば良かったのが、理解力も求められるようになり、今回は増設。

 

設問数は全200問のままですが、読解問題が増えて小手先のテクニックも通じにくくなり、難易度は2006年の時よりも上がった印象がありますね。

 

実施時間はそのままです。

 

http://www.toeic.or.jp/press/2015/p049.html

 

 

ちなみに550点以上の方にオススメなTOEIC対策の参考書は、簡潔な解説が魅力の

 

TOEICテスト新公式問題集

 

TOEICテスト新公式問題集

 

 

TOEICテスト新公式問題集 楽天市場>>>

 

 

TOEICテスト新公式問題集 amazon>>>

 

 

ですが、これも少し変わってきそうですね!

 

 

 

そして最近知ったのですが、TOEICを受けている人の中でオンライン英会話の利用者が少ないとか。

 

意外でした(^^;!!

 

なんて勿体ない!

 

なんでもフィリピン人の訛りを気にしてだとか。

 

フィリピン人講師の質、なまりはどうか?の記事にも書きましたが、教職についているフィリピン人のイントネーションはネイティブと比較してもそん色ないと思うんですけどねー。

 

その中でも更に自己紹介の動画や音声で喋り方も事前確認できますし!

 

今でもパート3と4はリスニングですし、TOEICはより実践的な問題にシフトして行っているので実際に会話しておくことはすごくリスニングの勉強になるし、通学型の英会話スクールは高額なので利用しない手はないと思うんですけどね。
(^^;

 

TOEICの試験にはスピーキングの項目こそないですが、実際の英会話を身につけてしまう事が一番のスコアアップに繋がる勉強法だと思うのですが、

 

 

非常に勿体ない事です。。。

 

 

 

 

 

 

こちらも合わせてご参考に!

 

5163

 

売れてる英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

 

 

よく読まれているページ

初心者の方が英語・英会話の本

初心者の方が英語・英会話の勉強を始めやすい本や教材について説明しています

 

 

初心者のための英語の本


 

ネイティブキャンプの評判や口コミ

オンライン英会話のネイティブキャンプについてまとめています

 

 

ネイティブキャンプの評判や口コミ


 

 

 

トップページへ>>