TOEIC、TOEFL、IELTSの違いや必要性について

TOEIC(トーイック)について

 

 

IELTSとは、評価方法、内容

 

 

 

現在の日本社会でもいまだにしっかり役立つ英語力検定試験です。
日本では入社、転職時、昇給時にも評価の対象とされ、

 

試験自体は990点満点で、
400点で高校卒業レベルと言われています。
600〜700点とれる方なら日常会話が英語できるでしょうし、
ビジネスで英語を駆使しているような方なら800点以上とれると言われています。

 

TOEICで何点取ったかと言う“記録”が必要ない方でも、
特に目的も無く英語を勉強している人は、
自分の語学習得の程度がどの程度か測ることもできますし、

 

英語を使っている方なら自分がTPO(時・場所・状況)に合わせ適正な英語が話せているのかも測ることもできるので、
受けた事がなければテストを受けてみるのも良いと思います。

 

900点以上をとるには特別な勉強が必要で、それ以上を目指すと言う事はもはや英語を話せるようになると言う目的からかい離して、
TOEICで900点以上とるための勉強が必要になってしまいますので、
英語が話せるようになりたい”、“自分の英会話力を伸ばしたい”と言う目的ならば、
個人的にはそこまでの勉強は必要ではないと思います。

 

日常会話がしたいなら600〜700点とれるレベルで十分。
ビジネス英語でも800点とっていれば十分だと思います。

 

 

ちなみにTOEICは聞く事(リスニング)と読む事(リーディング)の能力を測る試験で、
話す事(スピーキング)と書く事(ライティング)は内容に含まれていません。

 

話す事(スピーキング)と書く事(ライティング)まで網羅した試験としてTOEFL(トーフル)IELTS(アイエルツ)があります。

 

TOEFL、IELTSの方が幅広いので、いずれはTOEICに切り替わっていくかもしれませんが、
まだ日本ではTOEICが認知度も高く社会的に認められています。

 

ちなみにTOEFLは内容に偏りがあるので、
このままだとTOEICにとって変わる試験とはならないような気がします。

 

IELTSは欧米ではすでに大学入試や移民審査で使われているようです。
TOEICがマークシートなのに対しIELTSの試験方法は筆記で、
評価は0〜9.0で、
6.0で海外の大学レベル
6.5で大学院レベル
7.0で翻訳や通訳ができるレベル
だそうです。

 

TOEICと比較するとこう▽

TOEIC

IELTS

860〜990点 7〜9点
730〜860点 6〜7点
470〜730点 3.5〜6点
220〜470点 〜3.5点

 

 

話す事、書ける事も必要な能力だと思うので、
いずれはTOEICも話す事と書く事まで対応したTOEIC S&Wの試験結果も評価の対象に加わるかもしれません。

 

 

TOEIC S&Wとは?

 

TOEICにはS&Wと言う試験があります。

 

従来のTOEICの試験はリスニングとリーディングだけでした。
今も会社の採用、昇進に重視されているのはほとんどこの2技能だけだと思いますが、
この2技能は受動的な能力です。

 

総合的な英語力を判定するためには能動的な部分つまりスピーキング、ライティングも欠かせません。

 

と言う事でTOEICにも実は話す、書く能力を測定する試験ができました。

 

TOEIC S&Wの“S”はもちろんスピーキングのS、“W”はライティングのWです。

 

試験内容は、TOEIC リスニングとリーディングとは別に実施され

  時間 問題数

スピーキング

約20分

11問

ライティング

約60分

8問

 

スピーキングの部分をどのように判定するのかと言うと、

 

TOEIC(リスニングとリーディングテスト)のように紙と鉛筆で解答ではなく、試験会場PCにネットを介しテスト問題が配信され、PC上に音声を入力、文章をタイピングで解答しそれをETSの認定を受けた採点者によって採点されます。

 

各スコアは0点から200点。
10点刻みで採点されます。

 

評価はスピーキングで8段階、
発音で3段階、
アクセントで3段階、
ライティングで9段階
で評価されます。

 

 

話す事、書ける事も必要な能力だと思うので、
いずれはTOEICも話す事書く事まで対応したTOEIC S&Wの試験結果も評価の対象に近い将来加わってくるかもしれません。

 

もしかしたらIELTSが日本でも新基準となるかもしれません。

 

全く異なる試験が世界基準で登場するかもしれません。

 

どうなるかはわからないので、必要な方は今はTOEICの対策をしなければなりません。

 

今後は、日本は海外の動きに影響されるので、
韓国やアメリカの動きに注目が必要です。

 

必要でない方は、
聞く事(リスニング)・読む事(リーディング)・話す事(スピーキング)・書く事(ライティング)、
この4つをバランス良く勉強することが英会話を身につける上で大切です。

 

こちらも合わせてご参考に!

 

5163

 

売れてる英会話教材【ネイティブイングリッシュ】

 

 

よく読まれているページ

初心者の方が英語・英会話の本

初心者の方が英語・英会話の勉強を始めやすい本や教材について説明しています

 

 

初心者のための英語の本


 

ネイティブキャンプの評判や口コミ

オンライン英会話のネイティブキャンプについてまとめています

 

 

ネイティブキャンプの評判や口コミ


 

 

 

トップページへ>>