2020年東京オリンピックに向けた日本人の英語の必要性は?

 

オリンピック、東京、英語の必要性

 

日本人はいつまでも英語を話せなくてよいのでしょうか?

 

 

 

いい加減大丈夫なんですかね(^^;・・・?

 

今までもさんざん、

 

『これからは英語が話せなくてはならない。』

 

と言われてきましたが、

 

実際のところ学生時代も社会に出てからも、

 

英語が話せなくてもほとんどの人が何とかなっています。

 

僕も生活に不自由ありません。

 

なぜ日本人の英語力は高まらないのでしょう??

 

 

それはおそらく、

 

英語が話せることが特に収入に直結していないからです。

 

 

韓国や、フィリピンなどのアジア諸国は英語を話せない事が生活に直結します。
だから、話せるように英語を学びます。

 

でも日本では、国内の需要で何とかなってしまうがために英会話力の必要性が切羽詰ったところまできていなくて、

 

今までは、だから話せないままで、大して学ばないままで大丈夫でした。

 

 

ではこれからはどうなのか?

 

2020年、東京オリンピック、英語の必要性

 

2020年に東京オリンピックが開催されますが、身近な話題でも、職場の業務の中でも、

 

その時期に向けて、“英語”に関する問題の話は出てきて、英語が間違いなく重要視されてくると思います。

 

そして2020年、東京オリンピックを迎えます。

 

 

そして、オリンピック後はどうなるか?

 

 

外国人を迎え入れオリンピックの興奮とともに高まった英語の重要性が、

 

また2016年現在の日本における“使えない英語力”でも困らないものに戻るのかと言うと、

 

戻りません。

 

戻らないんじゃないかなーって思います。

 

英語の必要性はキープされたまま、またはもっと重要視されてくると思います。

 

 

なぜかと言うと、

 

ますます進歩しているインターネットの恩恵で英語圏の情報がもっと身近になっている、

 

東京オリンピックの影響で火がついた英語ブーム、

 

そして急速に進むアジアの経済状況と一方で停滞する日本の経済状況があるからです。

 

 

2の英語ブームなんて可愛い響きで済まされていれば良いですが、

 

今までの日本はアジアでぶっちぎりのナンバーワンの座でした。

 

でも2016年現在で、以前ほどぶっちぎりではなくなっています。

 

 

1400兆円でしたっけ?

 

GDPの2倍以上と言う世界トップクラスの借金を背負って、

 

大して賃金も上がらない、なかなか成長できない経済。

 

 

笑えない程に最近のアジア諸国と日本の経済格差は無くなってきています。

 

日本とは対照的に、現在アジア諸国の経済状況は急速に進んでいます。

 

おそらく5年後、日本は本当に甘いことを言っていられない状況になっているんじゃないかなーって思います。

 

 

都市部を始め色々な場所で、中国からの旅行者の買い物にすでにかなり頼っているような状況ですし、

 

インドは勿論の事、

 

韓国も、シンガポールもマレーシアもフィリピンもタイもその他多くのアジアの国々が英語を武器にできます。

 

 

その時に、
アジア最下位層の英語力をアフガニスタン、カンボジア、ラオスらと競い合っているような日本に、

 

グローバルに活躍できない日本人に未来はあるでしょうか・・・

 

 

 

若者の人口は減り年配者の数は増え、働き手はどこから確保を?

 

 

 

2011年からは外国人向けに、
医療滞在ビザと言う外国人向けのビザを発行して、

 

これによってアジア圏の外国人富裕層に対して病院での医療を絡めたツアーの提供も始まっています。

 

外からの流入に頼る状況・・・

 

 

そして弱い外に出る力・・・。

 

海外の家電製品売り場ではSAMSUNGとLGばかりで日本製品ってほとんど見なくないですか?

 

世界に誇れる日本企業に、TOYOTAやSONYがありますが、

 

昔無敵だと思っていた大手の日本企業が海外で苦戦を強いられています。

 

英語がネックになって日本の良い技術や製品が、世界で日の目を浴びるチャンスを失っているのだとしたら、悲しいですね。

 

 

、、、、、

 

将来日本・・・ちゃんと輝いているのかな?
(^^;

 

 

そう言えばパナソニックから音声自動翻訳機のメガホンヤクって出ましたよね?

 

これはこれですごい技術ですよね!

 

グーグル翻訳もすごく精度が上がっています。

 

 

だから英語話せなくて大丈夫!って誇らしげに語る若者いますけど、

 

あくまでもこれらは道案内とかの応急処置ではないでしょうか?

 

機器に頼らないと会話が成立しなくて、まともな信頼関係築いていけないですよね?

 

って僕は思いますけど。。。

 

 

ツールはあくまでもあくまでツール。

 

何もわかんないのに機械に頼り切るのも怖いと思います。

 

それらの機器は、ある程度知識を持った人のサポート的存在であるべきです。

 

 

 

・・・

 

話がだいぶ先まで飛んでしまいましたので少し話を戻します。
(^^;

 

ところで、ただ英語が話せるようになれば良い生活、良い給料、良い待遇が待っているのか?
っと言うと、

 

英語が話せるだけではこれからもダメです!

 

何かのスキルを持ってて、そこに英会話力をプラスできればかなり優遇されるようになると思います。

 

と言うか、何かの専門的なスキルを持っていて、そこに英会話力をプラスすることを目指さなくてはダメなのです。

 

なのでただ英語を勉強するだけではなく、

 

他にもう一つ誰にも負けない専門的なスキルを磨きましょう。

 

ただ英語が話せるだけでは、わかり易い例が

 

“英語の先生”

 

ですが、別に現在待遇は良くないと思います。

 

これからも変わらないと思います。

 

“わかり易いところ”ってのは、何においても旨味は少ないです。

 

 

ポイントは、“英語話せます。”

 

こう自己紹介できる場で、うまく使えれば良い待遇が待っていると思います。

 

 

なかなか取得できない資格など持っていると強いですね。
ライバルが増えにくいので。

 

とにかく、今英語に全く興味が持てないのであれば欧米文化の歴史や、映画や音楽、なんでもよいので調べてみる事をオススメします。

 

何かしらの行動に移せば、きっと英語の勉強をしてみようかなと思えるキッカケに出逢えるはずです。

 

興味が湧けば、英語力の習得へ脳も本気になっていって、

 

そこから全てが始まっていくはずです。

 

 

 

 

こちらも合わせてご参考に!

 

5163

 

 

▽英会話の基礎固めに最適な
初期英会話オールインワン教材

 

▽教材+2年間のメールサポートで
覚えられる!疑問が解決できる!

 

 

 

ネイティブイングリッシュの評判 口コミ

 

 


 

 


 

 

よく読まれているページ

初心者の方が英語・英会話の本

初心者の方が英語・英会話の勉強を始めやすい本や教材について説明しています

 

 

初心者のための英語の本


 

ネイティブキャンプの評判や口コミ

オンライン英会話のネイティブキャンプについてまとめています

 

 

ネイティブキャンプの評判や口コミ


 

 

トップページへ>>